削るのはリードだけじゃない。睡眠時間だ。

Yuna Nakagawa

他大/4年/オーボエ

フォイヤーに入ったきっかけは?

オーボエの先輩が素敵で、一緒に演奏したい…!と思ってフォイヤーを選びました。
楽器の音は綺麗だし、なんだか雰囲気がとっても可愛い人で。入団前から楽器の相談にも乗ってくれたりして、私もあんな風になりたい!っていう憧れだったと思います。

自分はどんな人だと思う?

とても腰が重い…。何かをするまでに、時間がかかります。最近でいうと、スマホを機種変更しよう!と思ってから1年経ってしまいました(最近…?)。

■ 他の団員から見た「ゆうな」

「演奏会直前の女子楽屋は駆け込みサロンと化しています。そこのトップスタイリストはゆうな。開演前の休憩時間、女子団員達の髪を驚異のスピードでセットしています。毎回10人くらいさばいてるんじゃないかな...。ありがたいです。」
(クラリネット/4年/女)

キャラクター、動物に例えると?

ネットでよくある性格診断をした時は、ダンゴムシ、と(笑)

家が遠いと聞いたのですが…?

本当に遠くて、大学まで2時間半以上かかります。
大学入学直後に、家から大学までの距離を調べて、何日くらいで日本を縦断できるか計算したんです。
そしたら、16日とかでした。いや、すぐじゃん。そっと画面を閉じました…。
長い長い電車の中では、寝たり、インスタを見たり、YouTubeで動画を見たり、課題をやったり、時には景色を眺めながらぼーっとしたりなんかして、なんとかやり過ごしています。最寄駅が終点なので、絶対に座れることだけが救いです。

学校ではどんなことを勉強してる?

心理学を勉強しています!心理学専攻、というと「へー、じゃあ心読めるの?」などと言われることがよくありますが、全く読めません(笑)
どちらかというと、感覚とか認知なんかに興味があって卒論のテーマも最近定まってきたところです。
レポートが多かったり、休みの日も実験をするために大学に行かないといけなかったりして大変なこともありますが、世界で初めて自分がこの謎に取り組んでいるんだ!と思うとワクワクして、楽しいです。

フォイヤーに入ってから今までで変化したことは?

①自分で言うのもなんですが、楽器(オーボエ)は上達したと思います。
定演に乗るためにはオーディションを突破しなければいけないのですが、2年生の夏定演の時のオーディションで先輩から「考えてない、アイデアが足りない!」と言われたんです。その言葉がめちゃくちゃ刺さって。図星だったんですよね。それまで、ただ楽譜の音を並べる吹き方しか知らなかったのですが、その日から、どういう風に歌いたいのか?どういう音色で吹きたいのか?ということを考えるようになりました。
最近は、ただ自分が楽しいからというよりも、聴いている人を楽しませるために楽器を吹くんだという意識になってきて。そのおかげで、表現や音色へのこだわりが出てくるようになってきたんです。結果的に、良い流れで吹けたり良い音色を鳴らせたりしていると思います。そうはいってもまだまだ未熟ですので、練習あるのみです!

②大食いになりました(笑)
練習後にはみんなで夜ご飯を食べに行くのですが、お皿に残った料理を「あ、私食べます!」と引き受けていたら、いつのまにか「胃袋ブラックホール」などと呼ばれるようになってしまいました。誠に遺憾です。

フォイヤーで、特に印象に残っていることは?

2年生の冬定演が印象的です。ショスタコーヴィッチの「革命」がメイン曲でした。3楽章に、オーボエの長いソロがあるんですが、それが上手くいって。その場にいる人全員が自分の音を聴いている、っていうあの感覚、凄かったです。それに、オケの一部として、自分が「良い演奏」に貢献できたのがとても嬉しかったです。

1週間の生活、どんな感じ?

授業は週10コマくらい。空いた時間で課題や実験をやります。
バイトは塾と、スイミングスクールの受付をやっていて、合わせて週2〜4くらい。楽器は家でさらっています。