雑 All Right!

Satsuki Hirano

他大/3年/ヴァイオリン

自分はどんな人だと思う?

雑な人間だと思います。なんでもかんでも粗雑で、人のおうちを平気で裸足で歩き回ったり、抜けた髪の毛をそのままにしたりしてよく怒られます(汗)

■ 他の団員から見た「さつき」

「先輩というより、友達って感じです。ご飯を食べに行くと、よく楽器を忘れてお店を出ようとするので、私が代わりに持ってあげたりするし。団の係の仕事関連でメールが来ているのに気づかなかったりするので、私がリマインドしてあげています。」
(ヴィオラ/2年/女)

キャラクター、動物などに例えると?

レッサーパンダと言われました。見た目かな?

中高の部活は?

6年間バスケをやっていました!
今じゃ考えられませんが朝練のために毎日朝5時には起きていました…(汗)
フォイヤーの団員の中にもバスケ部出身の人は何人かいて、バスケトークで盛り上がったりすることもあります!!

フォイヤーに入ったきっかけは?

公開練習を見に行った時に、団員同士はもちろん、トレーナーと団員もとても仲が良さそうで、すごく楽しそうな雰囲気だなと思ったのがきっかけです!私は中高の部活の影響もあってか、トレーナーと聞くとどうしても厳しい指導者っていうイメージをしてしまうんですけど、そんなイメージと全然違う関係性に見えたのが印象に残ってます。

フォイヤーに入ってから今までで変化したことは?

人を楽しませたい、と思うようになったことです。きっかけとしては、2年の夏定演でヴィオラでトップを務めたことが1番大きいのかなと思います。
トップをやるとやはり人一倍、他人に見られている、という意識がめばえます。弾いてる時もさらっている時も休憩の時も。特に1番前で弾いている時なんて、めちゃくちゃみんなに見られてます…(こわい)。最初はビビってました。
でも、ビビってるだけじゃダメだなと思って。パートのみんなとたくさんしゃべって、本音を言えるくらい仲良くなるとか、一緒にさらう時間を増やすとか、パート練習の仕方を工夫するとか。トゥッティに楽しんでもらおうと色々考えてやってみると、みんなとのコミュニケーションが増えて私自身もすごく楽しかったし、全体のモチベーションもアップするし(結果いい演奏にもつながるし)、ウィンウィンでした!
今期の終わりにヴィオラパートのみんなに、今期ヴィオラでほんと良かった、楽しかった!とか、他のパートの人にヴィオラのここよかったよーと言われた時は本当に嬉しかったです!

フォイヤーで、特に印象に残っていることは?

ヴァイオリンから変わって、ヴィオラを弾くようになったことです。初めてヴィオラをやらない?と誘われたのは1年生の室内楽のときで、その時は正直、え…むりそうだし、ヴァイオリンやりたい...。と思いました。初めは楽譜も読めず、楽譜に指番号やドレミを書きながらさらう日々。それでも全然弾けなくて、先輩に1段1段一緒にさらってもらったことも。室内楽のカルテットでトレーナーの先生にレッスンを受けに行った時には、「それじゃ楽器壊してるよ」とまで言われ心の弱い私は泣きそうになりながら弱音ばかり吐いていました(笑)
それでも2年生になって1年間ヴィオラのトップを務め、今では心からヴィオラをやらせてもらえてよかった!と思っています。ヴァイオリンをやっていた時はヴィオラを全然気にしていなかったけど、ヴィオラってこんなオイシイことやってるんだ!とか、ここヴィオラっぽい音で弾けたらまじかっこいいなとか、こういう音出せるようになりたい!というのがすごく増えて、視野も少し広げられたような…。
3年生ではまたヴァイオリンに戻りますが、ヴィオラでの経験を活かせるようにさらに頑張っていきたいです。

1週間の生活、どんな感じ?

私は空きコマが多いので、空きコマをとっても有効活用しています。また、1週間のうちフォイヤーの練習は土日だけですが、なんだかんだで毎日フォイヤーの団員とは会っている気がします。一緒にさらったり、遊びに行ったり同期会をしたり…。
団員と全然会わないのはテスト週間くらいでしょうか(笑)