Greetings

ご挨拶


満開の桜、旅行の前日、誰も踏んでない真っ新な雪。みなさんの心躍るものはなんですか?
昨今のこのような状況の中で、心躍る瞬間が人生においていかに大切か、誰もが痛感したのではないでしょうか。

「こんな中だからこそ、心躍る音楽をやりたい!」

この思いからフォイヤーは、コロナ対策を考え、練習場所の確保に奔走し、ホールとの打ち合わせを重ねながら、なんとか昨年末に定期演奏会を開催することができました。

なぜ生で演奏を聴いてもらいたいのか。コロナ禍の活動を通して、改めて考えさせられました。

充実した学生生活?思い出作り?一緒に合奏したい?日頃の成果の発表?それだけなら、演奏会という形でなくても良いのかもしれません。
でも私たちは、様々なハードルがあったとしても、楽しみに来場してくれるお客様のために演奏会を開催することに意味があると思いました。
なぜなら、ホールという空間で音楽を「体感」してもらい、お客さんが我を忘れ日常からトリップしてしまうような時間を作りたいからです。

そんな演奏会が「実現」できたら、それは私たち自身にとっても素敵な時間であり、それまでの過程が何より貴重な経験になるのではないかと思います。
一緒に挑戦しましょう。
お待ちしています!

新歓長 新井陽花